スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

7月28日 月曜日

28日の朝は本当に慌しかったです。5時前に起きて朝食を食べて、片付けてから急いで準備して葬儀場へ向かいました。お坊さんにお経を上げていただいてから1度家に帰って、準備をしてまた葬議場へ向かいました。

そして、おばあちゃんと最後のお別れをしました。
お花を棺桶の中へ入れながら、「ありがとう。」と言いました。従兄の子供達が祖母のために折り紙で鶴を折ってくれたので、それも入れました。大好きだった氷川きよしのポスターと、テープ。私が小学生の時に「おばあちゃんにはおじいちゃんがいないから」と買ってきたおじいちゃんの置物も入れました。あと、おばあちゃんの大好きだったお饅頭も。

そして、火葬場へ行きました。火葬に出す瞬間、本当に涙が止まらなかったです。本当にお別れなんだな。って、思いました。
1時間半ほど経って火葬が終わりました。95歳にしてはお骨がとてもしっかりしていると言われました。おじいちゃんの置物は、焼き物だったのでそのまま残っていました。
小さくなった祖母の骨壷を父が抱いて、また葬儀場へ戻りました。

お葬式には同じ地区の方や、母方の親戚など、たくさんの方がお参りに来てくださいました。
お葬式も無事に終わり、遠くから帰っている叔父もいたので、その場で初七日の法要も済ませ、家に帰ってみんなで食事をしました。


この19日間、伯母と、母と、姉と、私で病院に交代で泊まったり、付き添いをしてきました。やっぱり体力的にも、精神的にもきつい部分もありました。でも、今はもうおばあちゃんの側に付き添う事ができないのが、とてもつらいです。

伯母は、「娘だからね・・・」と言って、何回も病院に泊まってくれました。最後の2日間は吐血もしていたのでつらかったと思います。それに引き続いてのお葬式だったので、体力的にも本当にきつかったはずです。伯母がいてくれたから、私達家族もがんばれたのだと思います。本当に感謝しています。

2番目の叔父は、いつも私達家族の体の事を心配してくれていました。よく病院にも仕事が終わった後に来てくれ、「大変やな。無理せんようにな。」と私達に言ってくれていました。祖母が亡くなった後も、「もう眠りよ。」「何もしなくていいから」と、心配して何度も声をかけてくれました。私は叔父が私達を心配してかけてくれていたやさしい言葉に、すごく救われていた気がします。
本当にお葬式が無事に終わってよかったです。親戚のみなさんのおかげだと思います。



ただ1つだけ残念に思うのは、入院する前からも祖母の事をずっと看てきた母だけが亡くなった時に病院へ駆けつける事ができなかったという事です。家で準備をしないといけなかったからですが、かわいそうな気がしました。母は、「お母さんはおばあちゃんを家でちゃんと迎えてあげないといけないから」と言っていましたが、一番お世話をしていたのにな・・・。って、すごく思いました。

母は、祖母が入院する前からも、入院してからも、気の休まる時もなく、ゆっくり眠れた日もなかったように思います。
さらに、お通夜の前日からお葬式の次の日に叔父達が帰るまで、ほとんど睡眠も取らずに母は動き続けました。食事の準備から片付けまで、私や姉、叔父の奥さん達も手伝ってくれましたが、母は本当に大変だったと思います。料理を作り続けていた母に、「お母さんはこんな事しなくていいんじゃないの?」と言っても、「いいの。お母さんは裏方をしなきゃ。」と言っていました。無事にお葬式を終えるためには責任があるとも言ってました。当然の事だと言われてしまうかもしれませんが、私はそんな母を見ていて、すごく尊敬しました。お母さん、すごいな~って、思いました。

父も喪主として立派だったと思います。実の母親を亡くしたんです。悲しみはとても深かったと思います。でも、最後まできちんと送りたいという気持ちもあったでしょうし、長男である責任感もあったと思います。喪主というのは、それだけ責任の重い役目ですからね。3日間、ほとんど寝ずに段取りを組んだりしていて、がんばっていました。父はやっぱり長男として、この日の事をきちんと考えていたようです。お通夜もお葬式の時のご挨拶もすばらしかったです。やっぱり父はスゴイと思いました。
2番目の叔父が、「やっぱり兄貴はすごいな。さすが長男だ。」って、言ってくれました。本当にその通りだと思いました。
今、私からは父にも母にも、心からお疲れ様でした。という言葉を送りたいと思っています。
私に今できる事は、2人の負担を少しでも軽くしてあげること。がんばろうと思います。

これまでずっと5人家族だったのに、4人家族になってしまいました。
本当に、本当に寂しいです。



祖母との思い出はたくさんあります。
小さい頃の話ですが、ゲートボールに祖母が行く時、私はよく祖母の手押しのカートに乗って連れて行ってもらいました。山の畑に行く時も、一輪車に乗って、祖母に押してもらってました。
父に怒られて真っ暗な蔵に閉じ込められた時は、祖母が鍵を開けてくれて出してくれました。そして、必ず足を洗ってくれていたんです。
保育園の遠足で動物園へ行く時、母が肺炎で行けず、祖母が付き添いで来てくれた事もありました。
小学生の時、お腹が痛くて母に「迎えに来て」と電話した時、母がいなくて祖母がバスに乗って迎えに来てくれた事もありました。
週2回、デイサービスへ行く度に私の好きなパンを買ってきてくれてました。
28年間も一緒に暮らしてきたので、尽きないくらい思い出があります。

8年前に私が病気になって家に帰って来てから、毎日仏様にお参りする度に必ず「まいちゃんの病気が治りますように」とお願いしてくれていました。私は隣の部屋で寝ていたので、毎日祖母の声を聞いていたんです。その声も、もう聞く事ができません。
いつも私の事を思ってくれていて、やさしくしてくれました。
おばあちゃんにしてもらった事はたくさんあるのに、何も恩返しをしてあげられませんでした。
でも、入院してからたったの19日間でしたが、毎日側にいる事ができたのが本当に幸せでした。
私に祖母の付き添いを任せてくれた両親にも本当に感謝しています。



おばあちゃん、28年間、本当にありがとう。
19日間、きつかったね。つらかったよね。もう苦しい思いしなくていいからね。
どうかおいじちゃんと一緒に天国でのんびり過ごしてね。
スポンサーサイト
[ 2008/07/30 16:44 ] 家族の話 | TB(-) | CM(6)

7月27日 日曜日

27日の朝には、祖母が亡くなったという事と、お通夜、お葬式の時間を知らせるための放送を地区に流すという事だったので、早く起きました。その放送を聞いてお参りに来てくださる方もいらっしゃるので、準備しないといけなかったからです。

10時頃、納棺の予定だったので葬儀社の方がいらっしゃいました。生前祖母から、亡くなった時には入れてほしいと言われていたものがありました。それは、祖母が四国の八十八箇所をお参りした時に着ていた着物と、杖と、笠でした。全て、きちんと棺の中に入れることができました。

その後、アルコール綿で祖母の手や足を拭いてあげました。
母はそれまで忙しかったので、祖母とゆっくり向き合える時間もありませんでした。だから、祖母の前に座り、祖母の姿を見ながらすごく泣いていました。私も姉も泣きながら納棺されるのを見守りました。
それまでは布団に寝ていたのに、納棺されてしまうと本当にお別れの時間が近づいてると感じてしまい、悲しかったです。

16時前から着替えたりして、葬儀場へ行く準備をしました。
我が家から祖母の棺を車に乗せる時、サチが遠吠えをし続けたんです。誰かが来たわけでもないのに、ものすごく大きな鳴き声で遠吠えしました。みんな、「サチはきっとおばあちゃんがこの家を出ていくのがわかるんだよ。だからお別れを言ってるんだね。」って、言ってました。本当にビックリしました。きっとサチもお見送りしたかったのだと思います。サチにもちゃんとわかったのかもしれませんね。


お通夜では、会場に用意されていた椅子を会場の外にも追加するくらいたくさんの方が弔問に来てくださいました。私はお通夜の間中、今まで祖母と過ごしてきた日々を思い出してしまい、涙が止まりませんでした。
友達のおばちゃんが祖母の遺影を見て、「おばさん、いい顔してるな~。」と、両親に言ってくれました。その言葉が胸にぐっときてしまい、私と姉は号泣してしまいまいた。

お通夜が終わった後は、親戚と食事をして、それから姉と2人で何度も買い出しに行きました。その後は葬儀場に泊まる叔父達や、従兄にお任せして家に帰りました。
[ 2008/07/30 16:18 ] 家族の話 | TB(-) | CM(0)

7月26日 土曜日

7月26日、午前7時22分、祖母が亡くなりました。95歳と8ヶ月でした。


7月26日はフクの誕生日の日だったんです。生きていれば19歳になる予定でした。
フクの誕生日におばあちゃんが亡くなるなんて・・・。なんだか複雑な心境でした。

あと、29日が祖父の命日だったんですよ。入院した直後、父と伯母が「親父の命日を越せるだろうか?」とよく言ってました。私は「大丈夫だよ!」と言ってましたが、その日を越せずに亡くなってしまいました。きっと、おじいちゃんが迎えに来たのだと思います。「もうがんばらなくてもいいぞ」って、言ったのだと思います。そんな気がします。

父方の祖父は父が20歳の時に亡くなっていて、母方の祖父は私が小学1年生の時に亡くなりました。おじいちゃんはいなかったけれど、私には2人のおばあちゃんがいました。でも、2月に母方の祖母も亡くなり、26日には我が家の祖母まで亡くなってしまったので、1年の間に2人のおばあちゃんを失ってしまいました。



この3日間、とにかく暑かったです。でも、無事に葬儀も終わり、安心しました。
26日に予定していたサチの去勢手術は延期したので、また落ち着いてからしていただこうと思っています。


祖母の事を記録しておきたいので、長くなりますがここ3日間の事を綴らせていただきたいと思います。


26日の朝方4時に母から父に、祖母のの血圧がすごく下がって、お医者様から家族を集めるように言われたからという事で、電話がありました。どういう事態になるかわからないので、父と私は別々の車で病院へ駆けつけました。

病院に着いて、「ばあちゃん、わかる?マイコだよ。」と言うと、うなずいて「うん。わかる」と言いました。父が声をかけると父の名前を言いました。その後叔父達が来て、叔父たちが「わかるか?」と聞くと、1人1人の名前を言いました。
その後、2番目の叔父に向かって、「さようなら。」と言い、次に父に向かってもう一度「さようなら」と言いました。父達は、この時いつも叔父が野菜を持ってきてくれた時に言ってたので、夢を見てそう言ってるのだろうと言ってましたが、私は嫌な予感がしていました。後で聞くと、伯母も様子が変だと思っていたそうです。
しばらくすると、「帰る・・・。帰る・・・。」と、何度も何度も言いました。この言葉が耳から今でも離れません。つらかったです。これが私が聞いた最後の言葉になりました。父が、「もう帰るぞ。帰ろうな。」と言いましたが、祖母にはわからなかったように思えました。

状態が少し落ち着いたので、1度家に帰ろうという事になり、父と、4番目の叔父を残して家に帰りました。私はサチのトイレ出しをするために神社まで行きました。途中に我が家のお墓があるので、「どうかまだ連れていかないでください」とお願いしました。
でも、歩いてる途中に母から電話があり、「おばあちゃんの呼吸が止まりそうだから、急いで帰って来て」と言われました。走って帰ろうとしたのですが、なぜかサチが足首に噛み付いて歩かせてくれず、サチを抱っこして走りました。すごく重かったです・・・。

伯母は母の車に乗り、私は姉の車に乗って病院へ向かいました。途中、銀行の駐車場に母が入って車を停めたので、私と姉もそちらへ向かうと伯母が私達の車の方へやってきて、「今、おばあちゃんが亡くなったって。」と言いました。母は準備があるのでそのまま家へ引き返し、私と姉と伯母で病院へ行きました。ついさっきと何も変わらない姿のおばあちゃんのように見えました。ただ、呼吸は止まっていました。本当に涙が止まらなかったです。

後で父に聞きましたが、本当に眠るように息を引きとったそうです。祖母が痛み苦しむ事もなく亡くなったのは、本当によかったと思います。静かな最期だったそうです。

伯母と、「帰らなければよかったね」と話しましたが、でも最期に立ち会えなかった事を悔やむ気持ちはそんなにありません。それまでみんなでよく看てきたからだと思います。
ただ、きつい思いを祖母がしていたので、『おばあちゃん、もうきつい思いをしなくてもいいよ。』って、気持ちでいっぱいでした。


私と姉と伯母は家で色々としないといけない事があったので、すぐに帰りました。帰ると、隣のおばちゃんが来ていて、母とおばあちゃんを迎える準備をしていました。急いで片付けをしたり、布団を敷いたりして祖母の帰りを待ちました。
しばらくすると、葬儀社の車で祖母が帰ってきました。病院でお化粧もしていただいて、おばあちゃんはとってもきれいで、少し笑っているかのようにも見えました。
入院中もずっと家に帰りたいと言っていましたので、亡くなってしまったけれど、家に帰って一晩過ごせることになってよかったね。と思いました。

26日は葬儀社さんが予約でいっぱいだったので、お通夜は27日。お葬式は28日にする事になりました。
ただ、チョット問題がありました。7月の最初の方に我が家のお世話になっているお寺の1番偉いお坊さんが亡くなったんです。密葬は終わっていたのですが、28日が本葬の日でした。その本葬の日と、祖母のお葬式の日が重なってしまったのです。本葬には色んなお寺から何十人もお坊さんが集まるという事でした。本来ならお葬式の後に火葬にするはずですが、お寺さんのご都合もあるので朝、火葬して午後にお葬式をするという事になりました。

午後からはご近所の方達が次々とお参りに来てくださいました。祖母との思い出話を聞くだけでも涙が止まらなくなりました。裏の家のおじちゃんから、「まいちゃん、寂しくなったな。でも、まいちゃん家族はよくがんばったよ。お疲れ様。」といわれた時、本当に胸がいっぱいになりました。


16時過ぎには、愛媛から彼氏さんのご両親も祖母のためににお参りに来てくださいました。遠いですし、フェリーにも乗らないといけないので本当に申し訳なく思いましたが、お二人のお気持ちが本当にうれしかったです。



この日は線香と、ろうそくの日を絶やしてはいけないという事なので、叔父や、従兄達と交代で見ていました。夜から朝までは、父、叔父達、従兄が交代で見ててくれたようです。
夜は父が祖母のアルバムを持ってきてくれて、みんなで思い出話をしながらアルバムを見ました。

叔父や従兄から「明日、明後日はきつくなるから、眠りなさい」と言われたので、私は祖母の姿を見ながら、隣の部屋で眠りました。お別れの日が近づいてると思うと、本当に悲しかったです。
[ 2008/07/30 11:21 ] 家族の話 | TB(-) | CM(2)

いよいよ

明日はサチの手術の日です。
午前中連れて行って、本当なら夜に連れて帰れるそうなのですが、色々事情があって明日は病院に一晩預けることにしました。
サチ、初めての手術と、初めてのお泊りです。とっても心配です。
たぶん、私が帰ると鳴くだろうな・・・。大丈夫かな~。



今朝5時過ぎに、父の携帯に伯母から電話があったそうです。
祖母が吐血したという事でした。今日、私は病院の日だったので、帰りに祖母のいる病院へ行きましたが、今朝、2回吐いたそうです。
私が「おばあちゃん、来たよ。わかる?」と言うと、うなずいてくれました。でも、そのまま眠ってしまいました。

1度帰って、夕方になって両親と一緒に病院へ行きました。16時過ぎにまた吐血したそうです。血圧も下がっていて、熱も38.3度あると聞きました。苦しそうに呼吸をしていました。ここ2、3日ですごく弱ってしまったように感じます。

昨日の夕方から食事もお薬もストップがかかりました。もう食べれないんです。大好きだったバニラのドリンクもなくなりました。今は点滴だけです。
初めて先生から「いつ急変するかわかりません。会わせたい人には会わせてあげてください」と言われました。いつかはそんな日が来るのだろうと覚悟はしていましたが、本当にショックでした。
今日は伯母と、母が病院に泊まっています。

今でも十分きつい思いをしている祖母に「がんばれ!」とはなんだか言いづらいです。でも、がんばってほしいです。まだおばあちゃんとお別れしたくないです。
熱が下がることを祈っています。少しでも体がきつくない状態になりますように!!


本当はブログに祖母が吐血したとか、そういう事を書くべきではないんじゃないかと悩みました。でも、祖母の事を綴っていきたいので、書くことに決めました。
どうか祖母の事を、応援してください。よろしくお願いします。
[ 2008/07/25 22:34 ] サチの話 | TB(-) | CM(2)

サチ、ごめんね。

なかなか落ち着いてブログを書く事ができませんでした
せっかく続けて書いていたのに・・・。

サチの写真を久しぶりに貼ります。
サチとはあまり遊んであげられないのですが、私の分も父がサチと遊んでくれているようなので、ホッとしています。
何かな?
土間の入り口が涼しいので、いつもここで眠っています。

スヤスヤ
寝てる時、耳がピンと立ってるので、なんだかサチじゃないみたいです。

眠たいです。
あまり遊んであげられなくてごめんね・・・。

サチですが、今週の土曜日に去勢手術をする事が決まりました。
病院から帰って気づいたのですが、その日はフクの誕生日の日でした。フクに「サチの事を見守っててね。」とお願いしました。サチにとっては初めての手術なので、心配です。



祖母の付き添いをしているので、毎日、午前中から夕方まで病院で過ごしています。
病院に泊まる日は、午前中から次の日のお昼過ぎくらいまでは病院にいます。看護婦さんの顔を憶えてしまいました
祖母がとても寂しがるので、1人になる時間がないように、母、伯母、姉、私で付き添いを交代しています。姉は仕事があるので、大体は3人での交代になります。父も毎日仕事の帰りに病院に行ってます。

祖母が入院してから2週間が経ちました。もう1ヶ月以上経ってるような気分です・・・。
毎日病院通いをしているせいか、忙しすぎて曜日の感覚がなくなってきました

祖母ですが、あまり食欲がありません。食事を持ってきていただいても、おかゆと、デザートを何口か食べるくらいです。あとは点滴と、栄養ドリンクのようなものを取ってるだけです。大好きだったヨーグルトやプリンもあまり食べなくなりました。
最近はよく咳が止まらなくなるので、心配です。1度咳き込むと、1時間は止まりません。体力のない状態なので、止まった後はぐったりとして寝てしまいます。

毎日付き添いに通っていても、ただ側にいる事しかできない事がつらく感じます。
『おばあちゃんのために何ができるかな・・・。』
って、考えても浮かびません。ただ付き添いに通って、ご飯を食べさせたり、ドリンクを飲ませたり・・・。できる事と言えばそれくらいで、たいした事はできないんです。
応援しながら側にいるだけ。今はそれしかできませんが、寂しくないように、元気が出るように、今まで通り毎日通おうと思います。
[ 2008/07/23 20:54 ] サチの話 | TB(-) | CM(2)

心配です

昨日の夜は伯母が病院に泊まってくれていました。
今朝、病院へ行くと、朝ごはんの時に詰まらせたと言っていました。
伯母にお願いして1度家に帰り、午後になって伯母と交代しました。お昼ごはんも詰まらせたらしく、あまり食べなかったそうです。

お昼のお薬を看護婦さんが飲ませてくれた時、咳き込んでしまい、とてもきつそうでした。
吸引機で痰を取っていただいてる時も苦しそうで、見てるだけでも涙が出そうになりました。でも、祖母ががんばっているので、ぐっと我慢して見守りました。
『おばあちゃん、疲れてるな。大丈夫かな・・・。』祖母の寝顔を見ながら、そう思いました。

夕方、母と交代して帰りました。今日はほとんど食事を受け付けなかったみたいです。とても心配です。
元気になって、また色んな話を聞かせてほしいです。
お薬は、祖母が飲みやすいように看護婦さんが変更してくださるそうなので、詰まらせずに飲めるようになるといいな。って、思います。



サチはこの暑さのせいで食欲が少し落ちているようです。チョットご飯を工夫しようと思っています。
最近、慌しくて、サチとあまり遊んであげる事ができません・・・。サチ、ごめんね。おばあちゃんの体調が落ち着いたらたくさん遊んであげるからね~。
[ 2008/07/17 19:37 ] 家族の話 | TB(-) | CM(2)

毎日暑いですね。

せっかく毎日書いていたのに、最近はなかなかブログを書く事ができません

午前中には病院へ行って、前日から泊まってる人と交代して夕方まで病院で過ごす毎日です。病院では祖母にご飯を食べさせたり、お薬を飲ませたりします。あとは祖母の様子を見ながら、本を読んだりしています。もう何冊読んだかな・・・次は金曜日に病院に泊まる予定です。
祖母ですが、今日の午後に少し熱が出ていたので心配しています。大丈夫かな?今日は佐賀関の伯母が泊まってくれているので何かあれば連絡があると思いますが、たぶん大丈夫なのでしょう。


サチは毎日いい子にしてくれてます。1人でお留守番もちゃんとできます
ただ、外の小屋の中の物を全て出して遊んでいるらしく、帰ったら片付けするのが大変です・・・。

そんなサチは父が帰って来るのを楽しみにしているようです。父が近くまで来てくれるのを待ってます。
お父さん!


どこにいるの~?
父の声がする方を必死で見ています。父とお散歩に行くまではすごい声で鳴き続けます。父もうれしいと思いますよ


来ないよ~。
父がなかなか来ないので、待ちくたびれた様子でした。

サチ:とうとが来ないよ~。





明日も午前中に伯母と交代して病院で夕方まで過ごします。次は何の本を読もうかな~。
明日はおばあちゃんの熱も下がってるといいな~。
[ 2008/07/16 22:15 ] サチの話 | TB(-) | CM(2)

少し落ち着きました。

今日は写真無しです
サチの写真を撮る時間がありませんでした・・・。

水曜日と、昨日、祖母の入院している病院に付き添いとして泊まってきました。
輸血の効果があったのか、昨日は水曜日に行った時よりも食べてくれたような気がします。
家に帰りたいので、がんばって食べていたようです。
1日のうちに何度も病院へ行き来しているので、慌しくてブログも書けませんでした・・・。


木曜日には滋賀の叔父と、横浜のおじさんが帰って来て我が家に泊まっていたので、母の手伝いもがんばりました
横浜のおじさんとは初めて会うのだと思っていたのですが、私が3歳くらいの時に1度帰って来てるそうです「小さいのがいたよ。何かしゃべってた」って、言われました・・・。私はもちろん憶えてませんがお話したのは初めてでしたが、普通に話せました。東京へ行った時には、横浜にも遊びにおいでと言われたので、次回、行ってみようと思います

横浜のおじさん、サチにすごく興味を示していました。色々話しかけていましたよ。フードを食べているサチに、「そういうのを食べるのか・・・。それはおいしいのか?」と言ってました(笑)。サチはフードを少し残すクセがあるので、食べるのを止めていると、「おいしくないのか?そうだよな、おいしくなさそうだ」と真顔で言ってました。なんだかマイペースで天然キャラのおもしろいおじさんでした


横浜のおじさんはサチの事を気に入ってくれたらしく、帰る時に「サチちゃんに挨拶しないとな・・・。」と言って、長々とサチと何かお話してました。何を話していたのかは遠かったので聞こえませんでした。サチに聞いてみたいものです(笑)。

今日、2人とも帰りました。
2人が今日帰ると聞いて、祖母が「寂しいな」って、言っていました。
2人に元気をもらったと思うので、無理しない程度に明日からまたがんばってくれるといいな。って、思います

[ 2008/07/13 00:32 ] 家族の話 | TB(-) | CM(2)

サチ、いい子にしてました。

今日も蒸し暑い1日でした・・・

サチは今日も昨日掘った穴をさらに掘って、涼しい場所を確保していましたいつか大きな穴ができるかもしれません(笑)。
あつい~ 1
ここから動きませんでしたよ。呼んでも来てくれません・・・。

あつい~ 2
穴の中に入って寝てる感じです。

あつい~ 3
今日もよくお留守番をしてくれましたこれからしばらくお留守番をしてもらわないといけない日が続くかもしれないので、がんばってもらわなきゃです。ごめんね、サチ・・・。




朝、祖母の具合が悪くなってしまったらしく、「大丈夫!?」と言う母の声で目が覚めました。
何も口にしていないのに、突然ひどい吐き気が起こったそうなのです。父が病院へ電話すると、大きな病院へ行くように言われ、そのまま両親と祖母は出かけました。
楽しみにしていたデイサービスも今日はお休みしました。いつもならどんな事があっても行こうとするのに、今日は「デイサービスには行けない」と自分から言ったくらいなので、かなりきつかったのだと思います。

祖母は大きい病院の系列の、少し我が家へ近い方の病院に入院する事が決まりました。家でも食事をあまり受け付けなくなっていたので、点滴などをしてくださるそうです。
私も午後から病院へ行ってきましたが、元気そうでした。

今日は佐賀関の伯母が病院に泊まってくれています。「今日が(この病院に)初めての入院だから、1人じゃ悪い」と祖母が言ったそうです(笑)。明日は私が泊まる予定にしています付き添いは必要ないと言われたのですが、寂しがるので祖母には付き添いが必要みたいです。
少しずつでも食べれるようになってくれたらと思います。
[ 2008/07/08 20:43 ] 家族の話 | TB(-) | CM(2)

番犬サチ

今日も暑い1日でしたが、昨日よりはよかったような気がします。

サチは今日もサークルの中で過ごしていました。
大きな穴を木の下に掘ってから休んでいましたよ。
一番涼しいのがどこなのか、サチはよくわかっているようです

何だろう?
何か見つけたみたいでした。名前を呼んでも来てくれませんでした何がいたのかはわかりませんが、しばらくの間、ジーっと見ていましたよ。

何~?

ワンワン吠え続けるので見に行くと、我が家のお客さんではなく、お隣のお客さんを吠えていましたお隣さんの番犬としても役立っているのでしょうか・・・?

えへへ

お隣のお客さんが帰った後、急いで私の所まで走ってきました。

サチは、反対側のお隣さんの電気屋さんにお客さんが来ても吠えます道路の向こう側のお家に人影が見えただけでも遠吠えしますみんなのお家の番犬をしているつもりなのでしょうか(笑)。そんなつもりはないでしょうけど、とにかく人を見つけると吠えます。いい事ですね
ただ、真夜中に家の裏側に向かって吠えてる時は、ドキッとします。何かいるのかな・・・。と思うと怖いです。見に行っても何もいないんですよ~。サチには何か感じるものがあったのでしょうけど、怖いです・・・。


祖母ですが、今朝もお薬を喉に詰まらせてしまったみたいです。
夕方も私がお薬をあげた時にお水をグイっと飲み干した瞬間にゲホゲホとなってしまいました。
「誰か来て~!」と叫んだので、すぐに両親がかけつけてくれましたが、ビックリしました。
ご飯は1人で食べてますが、後ろからそっと見ています。何かあった時にすぐに対応できるようにしないといけませんので・・・。

午前中、お医者さんが来てくれて、診察してくれました。おばあちゃんは先生に手を合わせて、「先生を拝みたいくらいです。ありがとうございました。」と言っていました。先生はおばあちゃんには「変わりないですよ」と言いましたが、やっぱり心臓がよくないようです。
夜も、「心臓が止まればいいに」って、言うんです。だから、「止まったら困るよ。明日、デイサービス行けないよ。」って、言いました。おばあちゃんは、「止まったら困るな。まいちゃんの顔が見れなくなる。」って、言ってました。まだまだ私の顔を見てほしいので、元気でいてほしいです。

近々、滋賀の叔父と、横浜のおじさんが帰ってくる予定です。
横浜のおじさんとは、初めて会うんですよ。ドキドキします。母親は違うのですが、祖母の弟になります。歳は親子くらい離れてるそうです。
みんなが来てくれたら、きっとおばあちゃんも元気が出るはずです。他の叔父さんたちも来てくれると思うので、にぎやかになりそうです。
[ 2008/07/07 21:28 ] サチの話 | TB(-) | CM(6)

久しぶりのサークル

今日も暑い1日でした。
毎日同じ書き出しのような気がしますが・・・。

サチは、久しぶりに外のサークルで過ごしました。下が土なので、自分で掘って調節しているようです。
サチはサークルに入ると、なぜか端っこに行くんですよ。遠くから私を見ていました。
なぜか端っこに・・・。

この位置にいる時は、呼んでもなかなか来てくれません
何度か呼ぶと、走ってくるのではなく、様子を伺うようにのそのそを歩いてきます。

ねえた~ん

なんだかヘラヘラ~と笑ってるような顔してますね。暑さのせいなのかな~?
この後、父からアイスをもらっていました
最近、食べすぎじゃないかな?太ってきてるよ!



1日のうちに、何度祖母の部屋を見に行っているでしょうか・・・。どうしても気になって、何度も何度も見に行きます。
おばあちゃん

これは、夕食を食べている時の写真です。
壁に貼ってある氷○きよしのポスターは私が貼りましたおばあちゃん、きよし君の歌が大好きです

以前は居間で一緒に食べていたのですが、居間へ出てくるまでにきついらしく、呼吸が苦しそうなので部屋で食事を取る事になりました。祖母も「もうきついから出ていかんよ」と言ったので、家族で話し合って決めました。
ベッドで1人ぼっちで食べるのは寂しそうな気がします。だからといって、横に座って食べてるのをじーっと見てるのは祖母にとっても食べにくようです。なので、そっと後ろから見る事にしています。喉につまらせたりしないか心配だからです。
今朝も薬を喉に詰まらせて大変だったそうです。気をつけていないと、今後どういう事が起きるのかわかりません。そう考えると不安です。これからは、本当に家族で助け合いながら看ていかないといけないな。って、すごく感じました。


明日は歯医者さんの日です。早く終わらないかな~。
[ 2008/07/06 23:45 ] 家族の話 | TB(-) | CM(2)

新しいミシン

父がミシンを買ってくれました

ミシン

私へというわけではありません我が家のためにです。


我が家には私が小学生の時に母が買ってくれたミシンがありました。色々な刺繍のできる、とっても高機能のミシンでした。ただ、完璧に使いこなせてなかったので、宝の持ち腐れだった気もしますでも、家庭科の授業の宿題とかにはよく使いましたよその程度ですね。お母さん、ごめんね・・・。
最初は刺繍をしたりして、よく使っていました。でも、だんだんと使わなくなり、ある日使おうと思ったら壊れていたんですミシンは壊れていたのですが、修理に出すのも忘れ、そのままになっていました。

どうしても必要になって、去年、急遽お安いミシンを買ってしまいました。
でも、そのミシンが失敗だったんです厚いものは縫えない。薄すぎても縫えない。というチョット問題なミシンでした・・・。そういうミシンなので、そちらも自然と使わなくなっていました。


つい先日、偶然にもミシン屋さんから電話があり、古いミシンを修理していただくことになったのです。
そして、今日、そのミシンが戻ってくる予定でした。
でも、部品がどうしても1つだけそろわなかったらしく、戻ってきませんでした。10年以上も前のミシンです。部品がもう作られていないそうなのです。それで、中古の部品を待たないといけないと言われました。修理しても中古部品なので、どれくらい使えるかもわからないという事でした。
そこで、高い修理費をかけて長く使えないかもしれないのなら、新しいのを買って長く使おう!という事になりました。アフターサービスもちゃんとしていただけるという事でしたので決めました。
前のミシンのように高機能ではなく、シンプルな機能のものです。ただ、デニムを8枚重ねても縫えたので、なかなか便利そうです。縫い目もとってもきれいでした

せっかく買ってもらったので、ちゃんと使わなきゃです
最近、手縫いで色々作っていたのですが、ミシンも使ってみようと思います。不器用ですが、がんばってみます




お散歩から帰ってきた時のサチです。
バテバテです
疲れた~

お散歩に行っていた父から電話がかかりました。
「サチが動かなくなった~。水持ってきて~」
という事でした・・・。自転車に乗って、急いで海まで行きましたよ。サチはお水をたくさん飲むと、やっと動き始めました。今日も暑かったので、動けなくなったのかもしれませんね。

祖母は、今日は3食とも残さず全部食べてくれましたよかったとりあえず、少し安心しました。
私の食欲を分けてあげたいくらいです

Read More

[ 2008/07/05 21:35 ] 家族の話 | TB(-) | CM(2)

またテンプレートを変えました・・・。

今日もとっても暑い1日でした。
サチですが、母の靴をカミカミしていたそうです父に見つかって怒られていました。

怒られました

怒られると、靴からチョット距離を置いて「何もしてないよ」って、顔をするんです。
その後、冷蔵庫を修理しに来てくれた電気屋さんの靴もカミカミしようと運んでいたのでビックリしました早く気づいてよかったです・・・。


今日の祖母ですが、デイサービスへ元気に出かけました。朝ごはんもあまり食べなかったそうです。今日は、服選びでもめていませんでした。母に、「かなちゃんが選んでくれたのでいい。」って、言ってました。
朝、トイレに行った後、呼吸が苦しくて座っていたそうです。その時に父が廊下を通ったので、もうお迎えがきそうだとか、そんな話をしたそうなんです。「お父さんにそう言ったら、お父さんが笑ってた」と祖母が言ってました。その時、無理をして笑った父の気持ちを考えるとつらいです。
デイサービスからは元気に帰ってきました。ただ、「初めて食事を残した・・・。」と言ってました。暑さのせいもあるだろうし、かなり体がきつくなっているのかもしれません。大丈夫かな・・・。心配だけど、『がんばれ、おばあちゃん』って、いつも思いながら接する事しか私にはできないんです。
母の代わりにもならないし、補助的な事しかできません。でも、母が「助かるよ。」って、言ってくれるので、できる限りお手伝いしようと思ってます。




今日は病院の日だったので、お昼前に出かけて、帰ってから歯医者さんへ行きました。
歯医者さんは今日で終わりだと思っていたのに、来週も行く事になりましたあと2回でいいそうです・・・。早く終わってほしいな~

Read More

[ 2008/07/04 22:25 ] 私の話 | TB(-) | CM(4)

とっても暑い一日でした。

今日は朝から蒸し暑かったです。
サチもチョットきつそうでした。
暑い~

土間の入り口は少し涼しいのか、ずっとここで眠っていました。
ここまで暑いときついと思います。

アップ

昔よくこんな犬の写真よくありましたよね。
写真を撮るために顔を上げてくれるのを待っていたのですが、なかなか上げてくれなかったので、あきらめました。
サチにとっては生まれて初めての夏をこれから体験するんですが、大丈夫かな~?すでにきつそうなサチを見ると心配になります・・・。


今日は祖母もきつそうな感じでした。
お昼も食べた後に吐いてしまったんです。すぐに気づいてよかったです。
夕方も「食べれない・・・。」と言って少しだけ食べて食べるのを止めました。
暑さのせいだけではないのかもしれません。心配です。
明日はデイサービスの日だし、少しでも元気を取り戻して帰って来てくれたらいいな。って、思います。
[ 2008/07/03 20:53 ] サチの話 | TB(-) | CM(2)

午後から晴れました

今日の朝はカミナリの音で目覚めました。2回くらいしか鳴らなかったと思うのですが、サチが鳴いている声も聞こえなかったので、そのまま2度寝してしまいました
後で母に聞いたのですが、その時は雨の中を父とお散歩中だったそうです。ビックリして、父も急いで家に帰ったと言っていました。
サチも前回の時のように吠えたり、落ち着かなかったような感じではなかったそうです。少し慣れたのかな?

午後からは晴れて、すごく蒸し暑くなりました梅雨時期のお天気って、よくわかりませんよね。

サチですが、私が座るとすぐに膝の上に乗ってきます。まだまだ甘えん坊です
膝の上
でも、かなり重くなりました。譲渡会から連れて帰った時は2キロくらいでしたよ。我が家に来て5ヶ月。只今、13キロです大きくなりました


土間の中
あまりの暑さに土間の中へ入って来ました。ここが涼しいようです。


スヤスヤ
寝顔、また撮れましたよく眠っています。



夕方、仕事から帰って来た姉は、出張のために宮崎へ電車で行ってしまいました。もう着いてるかな~。

行く前に、祖母が母に色々聞いてました。「お姉ちゃんは今からどこへ行くの?」とか、「誰と行くの?」とか、「何で行くの?車で行くのか?」とか・・・。
母が「出張で宮崎に電車で行くのよ。会社の新入社員と一緒に。」と答えていました。
祖母は耳も遠いので、一部聞こえなかったらしく、「宮崎に出張な。デンちゃんと一緒にな。」と言ってましたすぐに母が言い直してました。

お年寄りに話す時、なるべく低めの声で話すと聞こえやすいと聞いた事があります。誰かが教えてくれました。誰だったかな・・・。教えてくれた人、ごめんなさい
母は低めの声で、ゆっくりと、いつも祖母と話しています。それでも聞き間違う時が多いです。なかなか難しいですね。
私はどうしても祖母と話す時、声を張ってしまうので聞き取りにくいようです。あまり大声で言うと、怒ってるように聞こえるのではないかとも思えます。デイサービスの人は、大きな声でゆっくりと話していました。もう少し気をつけて祖母と話をしようと思います。

もっと気をつけてあげないといけない点は多いと思うのですが、まずは1つずつ。一緒にいれば、どこをどうしたらいいのか、見えてくると思います。気を使いすぎない程度に努力しようと思います。
[ 2008/07/02 22:49 ] サチの話 | TB(-) | CM(2)

お散歩

サチを思いっきり怒りました。
私の足首をガブリと噛みついたからです。いつもよりもすごく痛かったです

怒られました・・・。

反省してる?
たぶん、あまり反省してないよね・・・。


その後、父と散歩へ行ったので、自転車で追いかけました。
発見!
見つけた!!


父とサチ

父、メタボですこれでもサチと散歩を始めて少し痩せたらしいです


ゴルフボール

サチが草むらにいつも隠しているゴルフボールがあるそうです。
それを父が投げます。


走る~

必死に走るサチですけっこう早いんですよ


戻る~

そして、急いで父の元へ戻ります。
お散歩をしているのを見る事はあまりないので楽しかったです。
いつも父とこうやって遊んでるんですね。
サチ、だからお父さんとお散歩に行くのが好きなんだね



私、どうしてもお菓子やアイスを止められないので、コント○ックスをまた飲み始めようと思います働いてた時、ずっと飲んでいたんですよ。飲んでいる間は少しですが体重も維持できてたんです。ただ、このお水はマズイですよ私は慣れましたが、あまりオススメできるものではありません・・・。慣れるとおいしく感じます。まったりしているので、お腹にたまる感じがします。
コントレックス




今日の祖母ですが、すごかったです・・・。今日も毎回恒例の服選びでもめてました
それはいいのですが、今日はチョットしたハプニングがありました。服を着替えた後、祖母はデイサービスの車が来る時間まで、ベッドで横になります。
今日は待ちきれなかったのか、歩行器で玄関まで行ってしまいました。そして、ストッパーのかかった車椅子を無理矢理1人で動かして座っていたそうですストッパーのかかっている車椅子、私でも動かすのは大変だと思います。
母が言うには、呼吸がものすごく荒くなっていたそうです。待ちきれなかったのでしょうね。でも、そんな事したら心臓にどれだけ負担がかかるか・・・。父は言葉が出なかったそうです。
体の調子が悪いからか、最近の祖母は少し気が短くなった気がします。いつもデイサービスの車を待ちきれずに「まだ来ない!」と言ってるのでとにかく、無理だけはしないでほしいです。

でも、今日もご機嫌で帰って来ました。夕食後も母に聞いてもらいたい話が山のようにあったらしく、ず~っと母に話をしていましたパンも「まいちゃんに」と言って買ってきてくれました色々あるけれど、楽しかったのならよかったです。次は金曜日です。また元気に行けたらいいな。って、思います
[ 2008/07/01 20:25 ] サチの話 | TB(-) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。