スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

11月9日 ② *猿學祭へ*

では、続きを書きます。

九段下駅に着いてから、みんなは武道館へ。
私は自分のホテルに荷物を預けに行ってから、1人で武道館へ行きました。
ここが入り口です。
北の丸公園入り口
この坂道を登りながら、本当にドキドキしてました。


門をくぐると・・・
この辺から武道館の屋根が見え始めました。
門をくぐったら・・・


見えた~!
本当に来たんだ・・・という感動と、さらに高まるドキドキ感でいっぱいでしたよ


タペストリーの前で
タペストリーの前で写真を撮ってもらいました
今回は、過去のライブのタペストリーもあって、8種類のタペストリーの前で写真を撮ることができたんです

開演までしばらく待ってると、けっこう暗くなってきて寒くなりました。
集まったみんなと記念写真を撮って、時間がきたのでいよいよ武道館の中へ
武道館
武道館の中は撮影禁止なので、写真はもちろんないです。

武道館の天井に掲げられた国旗を見たときは鳥肌が立ちましたよ
いつもDVDで武道館ライブを見てたけど、実際にその場に自分が立ってるなんて本当に信じられなかったです。
しばらくはお友達と話してて、開演時間が近づいてから自分の席へ。
隣の方も1人参戦で、色々お話させていただきました

私は今回、アリーナ席の6列目でした
本当に、今年分の運を全部使い果たした気分です
ステージからもすごく近いし、ど真ん中の通路側でモンちゃん寄りでした

会場内ではサブちゃんの歌が流れたり、スピッツの歌が流れてたり・・・。
始まるまでも楽しめる感じでした♪
そして、MONGOL800の 「小さな恋のうた」が流れて、いよいよだな~と感じました。

開演時間になって、まずは体操が始まって・・・なんだかおもしろかった~。
あっ、私、リズム感がない~って、改めて思いました
8000人でしたウェーブもきれいだったな~。

そして、ケミちゃんの登場
金八先生の格好でした~

ライブが始まった瞬間、私の中でプチッとスイッチが入りましたよ
この私にスイッチがあったなんて・・・。知らなかったな~。
歌って、踊って・・・とにかく楽しかったです
加藤さんは本当にめちゃくちゃかっこよかったし、モンちゃんの歌声も素敵で、ケミちゃんの歌ってる姿も見ちゃったし
いや~、本当に加藤さんにドキっとしました
かっこよすぎるやろ~


新曲の「LOVE SONG」もよかった・・・。
モンちゃんの声にキュンとしてしまいました
サイリウムの光もキレイでしたよ

そして、すごく聴きたかった「大切」も歌ってくれました
本当に一瞬だけど、泣いてる私の姿がスクリーンに映った時はビックリしましたよ


アンコールの最後に「ヒーロー」を歌ってくれて、うれしかったな
ファンモンがステージを去った後、
会場内のみんなで「それでも信じてる」合唱したのも、会場の一体感を感じて素敵でした。
本当に、ファンモン最高
最幸に楽しいライブでした


来年から、初のアリーナツアーも始まって、2月には福岡に来るんです。
でも、私は行けない・・・
だから、今回行けて本当によかった。
日ごろはじける事とか、本当にないけど、かなり楽しめました
でも、あんな姿は誰にも見せられない・・・と思う(笑)。



最初は初めて行くし、1人だし、本当に不安でいっぱいでした。
そんな時、いろんな方達が心配性の私を気にかけてくれて、色々助けてくれたんです。
本当にかなり迷惑をかけてしまいました
行く前からも相談に乗ってくれたり、初日にグッズを買っててくれたり、色んな事を教えてくれた友達に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
1人だったら、あんなに楽しめなかったと思う。
『ファン歴も浅い私に、どうしてこんなに優しくしてくれるんだろう・・・』って、感動してしまうくらいでした。
逆の立場になって、自分がそこまで誰かに何かしてあげられるかと考えたら、『できないかもしれない・・・』って、思ったくらい、本当によくしていただきました。
優しい方達に本当に良くしていただいて、自分のことを恵まれてるな~って、心の底から思いました。
すごくうれしかったです

本当にみんなありがとう
素敵な1日をすごせたのは、みんなのおかげです。
また会える日を楽しみにしてます



長々と書いてしまいましたね。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございました!!
スポンサーサイト
[ 2011/11/11 19:45 ] サチの話 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。